前へ
次へ

かつてのアイドルは憧れの存在でした

1970年代から、1980年代ぐらいのアイドルは、現代のようなグループは少なく、一人で活動する人が多かったです。1970年代から、1980年代は歌番組も多かったので、私は小学校の頃からテレビで見ることが多かったです。上品で可愛らしい衣装を身に付けて、歌やダンスを披露するアイドルは憧れの存在でした。歌番組以外では、雑誌や写真集などでも活躍をしている人が多かったです。1970年代から、1980年代ぐらいはビキニの水着が流行をしていたので、水着のグラビア撮影をしている人も多かったと感じていました。現代は一人で活動をするよりも、グループで活躍をしている人が増えています。現在は感染症などが原因で、アイドルの握手会やイベントなどは中止をしていることが多くなっています。それ以前は握手会やイベントなどに参加して、身近にアイドルと交流が出来るなどのメリットもあります。女性だけでなく、男性の場合もアイドルグループで活躍をしている人が多くなっています。ダンスや歌の上手なアイドルは憧れの存在です。

Page Top